お金がお金を生む仕組み

お金がお金を生む仕組み

人気ブログランキングへ ← 記事を読む前にポチっと応援お願いします!

お金がお金を生む仕組みを理解してください。

いきなり難しそうな事を書きましたが、

ネットビジネスやアフィリを始めた人は「無料」にこだわりすぎる人が多いです。

 

無料でも稼ぐ事はできますが、時間を短縮する意味も兼ねて

一度「有料」のものも取り入れてみてはどうですか?

そうすると・・・

 

チェロがアフィリを始めたばかりのころは無料ばかり追い求めました。

でも、時間ばかりが過ぎて稼ぐどころかモチベーションダウンばかりです。

そういった時に、ある情報商材を見つけました。

その当時、チェロにとっては高額な情報です。

そりゃ無料ばかり見ていたのですから・・・

 

しかし、その高額の商材を買ってから、考え方が180度変わりました。

「どうせ稼ぐのだから、最初に投資しても良かったやん。もっと早く気付いていれば・・」

それは商材購入後1カ月目の事でした。

 

その有料商材を実践して1カ月で購入金額を回収できました。

それまで、無料レポートや無料の情報ばかり集めてましたが、

1万数千円を先に支払っただけで、何倍もの報酬が帰ってきました。

 

報酬が帰ってくるだけでなく、作業をする道筋が分かっていたので

モチベーションも下がりませんでした。

 

もし、商材を買っていなかったら、今のチェロはなかったと思います。

 

例えば、「アフィリエイト革命」ですが、安いと思って購入しても実践しにくいと思います。

それは戦略部分が大半を占めているからです。

実際の作業麺である「戦術」部分はまた何かで学ばなければいけませんよね?

戦術でお勧めなのが「アフィリエイトファクトリー」かな?と思います。

 

お金がお金を呼ぶ仕組みですが、

ある例で具体的に書きますね。

 

1カ月間アフィリ作業をしました。

100サイト作成して、報酬が5000円でした。(1サイト50円の報酬とします。)

 

2ヶ月目

報酬の半分を外注に記事を書いてもらいました。

自分の作業は1カ月100サイトが限界です。

しかし、外注に2500円分の記事を書いてもらいました。

それが10サイトだったとします。

すると2ヶ月目に作成したサイトは110サイトですね。

報酬は5000円(1カ月目に作成した分)+5000円(2ヶ月目に作成した分)+500円(外注作成分)

トータル 10500円になりました。

 

3カ月目

また外注さんに今度は10000円支払って記事を書いてもらいました。

交渉もして、50記事書いてもらってます。

すると3カ月目に作成したサイトは自分で100サイト

外注さんの記事を利用して50サイトですので

150サイトサイト作成できました。

トータルのサイト数が360サイトになりましたね。

1サイト50円稼ぐのですから、3カ月目は18000円の報酬になりました。

 

もし、お金を外注に回さなければ、3カ月目は15000円です。

そこで20%の差が出てきます。

これをず~っと続けていくと・・・分かりますよね?

複利のような感じです。

 

今回は外注さんに記事を書いてもらうとういう設定で書きましたが、

他にも色々と投資先はあります。

ノウハウに投資するとか、ツールを購入して時間短縮するとか・・・

 

お金は正しい投資をすれば必ず帰ってきます。

 

無料無料とこだわるのもいいですが、

遠回りしているような気がしますので、一度まともな商材を買ってみてはいかがでしょうか?

世界がきっと変わると思いますよ。

人気の記事

人気ブログランキングへ

【関連記事】

    None Found

タグ

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Trackback(s)

Comment(s)

  1. こんばんは、KAZUです。

    久々にお邪魔しました。

    やはり、稼ぐためには
    投資が必要ですね。

    特に、アフィリエイトというビジネスは、
    ただでさえ、「開業資金」がほとんどかからないのですから・・・。

    ノウハウを学ぶことや、ツールを使うことで、
    「時間」という貴重な商品を買うことができると思います。

    応援済みです☆


コメント欄


»
«